お知らせ

2019年6月20日
Q&Aを公開しました
2019年5月22日
令和元年度の募集を開始しました

事業概要

人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業(正式名称:住まい環境整備モデル事業)は、人生100年時代において、ライフステージに応じて変化する居住ニーズに対応して、高齢者、障害者、子育て世帯など誰もが安心して暮らせる住環境の整備を促進するため、モデル的な取組に対して支援を行うものです。

高齢者・障害者・子育て世帯等の居住の安定確保及び健康の維持・増進に資する事業を公募し、先進性が認められた事業の実施について、その費用の一部を補助します。(事業概要

補助対象・補助率

  • 建設工事費(建設・取得):1/10
  • 改修工事費:2/3
  • 技術の検証費:2/3 等

期限

  • 令和元年度~令和5年度

事業内容

提案の対象となる事業は、高齢者、障害者、子育て世帯等の多様な世帯の居住の安定確保及び健康の維持・増進に資するために具体的に課題解決を図る取組で、先導性が高く創意工夫を含むものであって、以下の①~③のいずれかに該当する事業とします。

①課題設定型

国土交通省が設定した事業テーマに応じた先導的な取組を行う事業(原則、住宅等の整備を実施する事業)

事業テーマ

  1. 多様な世帯の互助を促進する地域交流拠点の整備
    (共同リビング、こども食堂、障害者就労の組合せなど)
  2. 効果的に見守る高齢者向けの住宅の整備
    (IoT活用による効率的な見守り、地域の高齢者の見守りなど)
  3. 長く健康に暮らせる高齢者住宅の整備
    (仕事、役割、介護予防、看取りなど)
  4. 早めの住み替えやリフォームに関する相談機能の整備
    (高齢期に適した住まいや住まい方のアセスメントなど)
  5. 住宅団地の再生につながる地域の居住継続機能の整備
    (子育て支援施設、多世代交流拠点、シェアオフィスなど)

②事業者提案型

①で国土交通省が定めた<事業テーマ>とは別に、提案者が独自で事業テーマを提案し、先導的な取組を行う事業(原則、住宅等の整備を実施する事業)

③事業育成型

上記①課題設定型または②事業者提案型に掲げる事業を実現するために必要な調査・検討等の準備段階の取組を行う事業(住宅等の整備を実施しない事業も対象。ただし、原則、当該事業完了後、①課題設定型または②事業者提案型として提案するもの。)

手続きの流れ

公募・提案⇒評価委員会による評価⇒事業採択⇒交付手続き⇒事業実施⇒検証・フォローアップ
※事業全体のフローは次を参照ください。(事業の流れ

募集要領・申請書類

公募期間

2019年5月22日(水)~2019年9月30日(月) 消印有効

※上記の期間内は継続的に公募しますが、2回にわけて採択を行います
 第1回応募締切:2019年7月16日(火)
 第2回応募締切:2019年9月30日(月)

提出先

〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔オフィス南青山S-209号
住まい環境整備モデル事業評価事務局

問い合わせ先

住まい環境整備モデル事業評価事務局
メールアドレス:info@100nen-sw.jp
FAX:03-3478-1086
(TEL:03-5843-0380)
[受付時間(土日・祝日除く)]
AM 10:00~12:30
PM 13:30~17:00
※問い合わせは原則メールかファックスでお願いします。
※氏名・所属・電話番号を明記のうえ、なるべく具体的にお書きください。

スマートウェルネス住宅等推進事業

参考

スマートウェルネス住宅推進等モデル事業(平成30年度に終了しました)は、以下のページからご覧いただけます。