IMAGE

横浜若葉台における超高齢化と多様性に対応した住まい・まちの総合的なエリアマネジメント

事業・評価の概要

  • 写真
  • 写真
プロジェクト名称 横浜若葉台における超高齢化と多様性に対応した住まい・まちの総合的なエリアマネジメント
代表提案者 神奈川県住宅供給公社
共同提案者 認定NPO法人若葉台、一般財団法人若葉台まちづくりセンター
対象地域 神奈川県横浜市
選定年度 2021年度
事業タイプ 事業者提案型
事業概要

 本提案の対象は、建設から40余年が経過する、住宅供給公社が建設した大規模団地で、 これまでも公社や旭区、地元NPO法人等が連携し、まちづくりマスタープランを作成する等 、高齢者、障害者の安全・安心に暮らせる住環境づくりに取り組んでいる 。

 本提案は、これまでの取組を発展させ、公社賃貸住棟の上層階の空き住戸を改修し、高齢者モデル住宅・障害者モデル住宅の 計画・ 整備を行う。さらに生活利便機能が集積するセンター地区周辺 において高齢者等の移動支援のためのEV・スロープ等バリアフリー整備 、空き店舗活用 による多世代が集える地域交流拠点の整備、ペットロボットの導入等 により 、増加する高齢者のみ世帯等の孤立化の抑制、外出・交流を増やす試みを行うものである。

 上記の取組及び活動成果の効果を検証するとともに、超高齢化と障害者に対応した「住まい・まち」のモデル事例として広く情報発信する。

概要資料 概要資料(PDF)

評価概要(評価委員会での評価)

 長年、多主体連携で団地全体のコミュニティをサポートする取組を継続的に実施してきた団体が、それらの取組をさらに発展させる提案である。実効性が高い内容で、他の公的住宅のモデルになることが期待される。
 本提案は特に高齢者等に着眼するが、多世代における継続居住やコミュニティバランスのとれた住環境の実現のため、若年層や子育て世帯の住まい、障害がある方の就労の場等への目配りにも今後期待したい。

備考

※事業概要や評価概要等は選定時の内容であり、実際と異なる場合があります。

Copyright © 2020 人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業 All Rights Reserved.