IMAGE

こどもの里自立援助ホーム・若者等居場所地域交流支援事業

事業・評価の概要

  • 写真
  • 写真
プロジェクト名称 こどもの里自立援助ホーム・若者等居場所地域交流支援事業
代表提案者 認定NPO法人こどもの里
共同提案者
対象地域 大阪府大阪市西成区
選定年度 2020年度
事業タイプ 課題設定型、事業者提案型
事業概要

 現代社会を背景とする、児童虐待(DV問題)、貧困の連鎖、引きこもり、不登校問題、野宿者への襲撃やいじめなど、これらの問題については、公的機関だけでは対応が困難であり、地域社会で解決することが求められている。
また、制度の挟間におかれがちな青少年の相談が増えている。

 本提案では、大阪市西成区釜ヶ崎で、自立支援ホームやファミリーホームの運営実績がある代表提案者が、地域交流・相談の場、学びの場、セミナーハウス、若者の居場所、生活の場(個室等)を兼ね備えた、地域と連携した若者の拠点の整備を行う。
 相談支援、学習支援、生活支援、就労支援等、一体的な提供体制を構築することにより、それぞれの子どもの状況に適切に対応した、社会的孤立の防止と自立支援を促す。

概要資料 概要資料(PDF)

評価概要(評価委員会での評価)

 本提案は、当該地区において培われてきた地域子育てネットワークを生かし、地域が抱える深刻な社会課題に取り組もうとする意欲的な提案として評価できる。
 また、自立支援ホームが不足している実情を踏まえ、地域との関係性を重視した支援体制を充実させていくことが望まれる。
 本モデル事業を通じて、代表提案者が施設整備・運営するだけでなく、本取組の意義や必要性について、対外的に周知していくことが求められる。

備考

※事業概要や評価概要等は選定時の内容であり、実際と異なる場合があります。

Copyright © 2020 人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業 All Rights Reserved.