IMAGE

地方都市「盛岡」における多世代協働による暮らし方の提案に向けた検討 調査 地域食堂の運営実施を通じた「ひとり親等支援」方策の検討

事業・評価の概要

  • 写真
プロジェクト名称 地方都市「盛岡」における多世代協働による暮らし方の提案に向けた検討 調査 地域食堂の運営実施を通じた「ひとり親等支援」方策の検討
代表提案者 一般財団法人なないろ未来財団
共同提案者 なないろのとびら診療所、株式会社 kotonoha Lab. 、 株式会社ことのは医療 研究所
対象地域 岩手県盛岡市
選定年度 2021年度
事業タイプ 事業育成型
事業概要

 子育て世帯、特にひとり親世帯 の貧困は全国的な課題であり、対象地域でも例外でない。ひとり親世帯への支援は「住まい」を含めた支援の重要性が指摘されている。
 本提案は、対象地域で多様な地域コミュニティの醸成、居場所形成等に取り組む提案者が、親子世帯への 「食」「居場所」「見守り」等の支援と併せ、「住まいの支援」を行うことを目的に、ひとり親世帯等が集う地域食堂の運営を通して地域課題 を 抽出するとともに、拠点づくりや住まいの支援のあり方等について検証を実施する。

概要資料 概要資料(PDF)

評価概要(評価委員会での評価)

 ひとり親の「 住まいの支援 」はこれまで不十分であり、重要な視点である。
技術検証のテーマ設定や調査方法も明確であり、これまでの提案者の実績を活かし、 有意義な調査事業を期待したい。
 取組みを通し、地域食堂の新しいモデル や概念が提案されることを期待したい。

備考

※事業概要や評価概要等は選定時の内容であり、実際と異なる場合があります。

Copyright © 2020 人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業 All Rights Reserved.