IMAGE

住まい環境整備モデル事業とは?

誰もが安心して暮らせるための モデル的な取組みを行う事業者を支援します

事業の目的

人生100年時代を迎える現代において、高齢期の長期化を支える住まい・環境や多様な世帯が地域で暮らせる住まい・環境の整備等が求められています。このため、地域特性やライフステージに応じて変化する居住ニーズに対応した、高齢者、障害者、 子育て世帯など誰もが安心して暮らせる住環境の整備促進を目的としています。

提案募集する事業の種類及び主な要件

事業の種類

事業は3つの種類があり、住宅や施設の整備等を伴う提案は「①課題設定型」と「②事業者提案型」、事業化に向けた検討段階で、調査・検討等を行う場合は「③事業育成型」が対象となります。

住宅または施設整備

(①課題設定型または②事業者提案型で提案)

Illust

またはを事業化するための調査等

(③事業育成型で提案)

補助対象・補助率

補助対象は、住宅や施設の整備費に対して新築の場合は補助率1/10、改修の場合は補助率2/3、技術の検証は補助率2/3等となっています。
詳しくは募集要領でご確認ください。

建設工事費(建設・取得) 1/10
改修工事費 2/3
技術の検証費 2/3 等

詳しくは事業概要へ

事業の要件

提案する事業は、以下の全ての要件を満たす必要があります。

提案者

提案者は以下を行っている者であれば、法人格を有する必要はありません。地方公共団体も提案できます。

Copyright © 2020 人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業 All Rights Reserved.